西田葡萄園について

2014年6月に大阪市から岡山県美作市に移住する。

同年7月9日から茅が生い茂り、松の実生の樹が生える耕作放棄地を4反借受け農園の整備や土づくりを開始しました。夫婦二人で茅や草を刈り、樹を抜根し、土地の造成をしました。次に農園全面の土壌改良、土づくりを開始しました。改良前は赤土の酸性土壌で粘土質、大変水はけの悪い土地でした。これらをぶどうの栽培に適した土壌にする為、改良資材を投入し、数回耕起し園全面に白クローバーを播種し、ぶどうの苗木を植える準備をしました。翌年3月ぶどう棚を建て4月に苗木を植え、再度白クローバーを園全面に播種し、ぶどうの草生栽培をスタートしました。最初はぶどうの生育が悪く、眠れない日々が続きましたが土が出来てくるに従ってぶどうの成長も良くなり、今現在、樹の状態は大変良い状態になっています。2018年度は、ぶどう販売2回目になります。

どうぞ宜しくお願い到します。

Copyright ©  nisida-budouen All Rights Reserved.